智恵光院出水『聚楽第の織家建』

2021年01月13日   『NEW!』
智恵光院出水『聚楽第の織家建』
智恵光院丸太町を北へ。

山中油店・佐々木酒造などが近く。
町家が残る西陣の街並み。
織家建の大空間が残る。
千本通~堀川通&丸太町通~中立売通に囲まれた生活便利な住宅街に在る。

築不詳(大正2年9月の記録有)の織家建

位置

【内裏(だいり)】


平安京の北辺には宮城である平安宮(大内裏)があり、その内部の中央東寄りに南北約300m、東西約200mの内裏が存在した。

現在の上京区下立売がその位置に当たるようです。
今、様々な調査を基に石標・駒札などでその存在をわかりやすく紹介する工夫をしています。

歩いて楽しめる京都の中心部は思いがけない発見があるかもしれません。

古く歴史ある街並みの保全は容易い事ではありませんが、多くの方が訪れ、はるか昔に思いを馳せて頂ければ、これから守っていかなければならない財産も維持されるかもしれません。


内外部写真

建物の特徴

略図の為、現況を優先いたします
略図の為、現況を優先いたします

外観は町家の特徴の一つである『出格子』が残る。
市道との境界を表わす花崗岩の地先『カズラ石』。

玄関土間は広く自転車も置ける。
1列3室に増築したと思われる洋間が一部屋。

その奥には坪庭が残っています。
増築された洋間を減築すると、結構な広さのお庭に復元できます。



吹き抜けの階段を上がると、大屋根の野地板が見え小屋組みも見て取れます。
厨子2階と思われる低めの天井と土壁。

~内部に入ると大空間が広がる。~
そんな京町家の醍醐味が伝わる『織家建』です。

店舗や事務所に使える広々した町家。

物件概要

価格    :2,780万円
種類    :京町家  
所在地   :京都市上京区南清水町131-5
交通    :市営地下鉄烏丸線『』徒歩約18分 
土地    :75.41㎡(22.81坪)  
用途地域  :準工業地域
建ぺい・容積:60%・200%
その他   :準防火地域・15m第三種高度地区・西陣特別工業地区
接道状況  :公道 東側 幅員  約 3.8mに  約 4.9m接面
          西側 通路       約 4.9m接面  

建物    :1F 62.12㎡ 2F 28.72㎡ 延 90.84㎡(27.47坪)
       木造瓦葺2階建  築不詳 6K  (閉鎖謄本によると 大正2年9月 ) 
       未登記増築部 有り  1F 約㎡ 2F 約㎡
       ※ 再建築時 セットバックを要する。
         改修・改装が必要です。

現況    :空家
取引態様  :仲介

所在地